VORNADO

ニュース&トピックス

    扇風機とサーキュレーターの風は違います

    ボルネード・サーキュレーターの風
    ボルネード・サーキュレーターの風
    気流を作る風です。天井や壁に向けて使用します。ボルネードから生み出される竜巻状の風は、周りの空気を巻き込みながら、より強力な渦となって広がらずにしっかりと天井や壁に届くので、大量の空気を一気に押し出すことができます。押し出された空気は、天井や壁をつたい室内を大きく循環し気流を作るので、室内全体の空気がそよそよと動くのです。サーキュレーターの風が弱いと循環は生まれません。
    扇風機の風
    扇風機の風
    直接からだにあてる風です。
    扇風機が自分の方を向いている時だけ涼しくなります。
    空気の動かない場所ができてしまいます。

    ボルネードなら首振りは必要ないのです

    木陰にいるような心地よさ

    自然界では空気が絶えずゆっくり動いています。
    ボルネードの竜巻技術は、どの機種もそんな自然界の柔らかな空気の流れを室内に再現します。

    ボルネード V-FLOW サーキュレーションについて

    ボルネード V-FLOW サーキュレーション 対応機種:184JP
    ボルネードV-FLOWサーキュレーション
    ボルネードV-FLOWサーキュレーション
    V-Flow技術は、周りの空気を取り込みながら広範囲に途切れることのない空気の流れをつくるため、部屋全体の空気循環を実現させます。常に風の流れを感じることができます。
    従来のタワーファン
    従来のタワーファン
    通常のタワーファンは少量の空気しか動かせないので、首ふり機能が欠かせません。風が当たる時だけ空気の流れを感じることができます。 首ふり機能により空気の流れは途切れ、同時に涼しさも途切れてしまうからです。